HOME>コーティング事業
無接点コーティング(ミニコート)ライン 4ライン
連続コーティング加熱炉 4基
部分コーティングライン 13ライン
樹脂の種類 ミニコート法 流動浸漬法
11ナイロン
12ナイロン
ポリエチレン
ポリエチレン密着グレード
1952年西ドイツ(当時)のKnapsack-Griesheimによって開発された流動浸漬法は底部に多孔質の板を置いた流動槽内に粉体を入れ、空気を吹き込んで槽内の粉体を流動させ、浮遊する粉体中に予熱された被塗物を浸漬し、被塗物表面に付着した粉体を溶融流動させ、連続した被膜を形成させる方法です。 コーティング工程はこちらから 1975年フランスで開発されたミニコート法は、吊箇所の無い無保持、無接点で加工する方法であり、良く無接点コーティングといった呼ばれ方をしているコーティング方法です。 吊箇所が無い事により全面に均一にコーティングが出来る為、補修の必要が無く、美観・腐食効果も優れており、直接人肌に触れるランジェリーの部品などのコーティングにも用いられています。

11ナイロンコーティングの特徴は以下の通りです。
1)耐摩耗性に優れている。
2)耐海水性、耐臨海大気性が非常によい。
3)屋外耐候性が優れている。
4)耐熱性、耐熱水性が優れている。
5)無毒性である。
6)人肌への感触がよい(触った時の感触がソフト)。
7)耐油、耐ガソリン性が極めて優れている
8)密着性、耐衝撃性が優れている(塗膜に延びがあるのでかけない)。
9)電気絶縁性、消音性が優れている。

12ナイロンコーティングの特徴は以下の通りです。
1)比重が小さい。
2)金属との密着性に優れている。
3)耐水、耐熱水性におよび耐塩水性に優れている。
4)耐熱性 耐寒性が良く、広い温度範囲にわたって機械的特性と耐疲労性を有する。
5)非常に強靭な塗装であるため、耐衝撃性が良く、繰返し屈曲使用にも耐える。
6)摩擦係数が低く、優れた耐磨耗性を有する。
7)耐薬品性が良好であり、ストレスクラッキング性も優れている。
8)塗膜の吸音性が良く、金属音の減少に効果がある。
9)吸水率および水蒸気の透過率が小さい。
10)無毒、無味、無臭であり、食品衛生試験に合格している。

ポリエチレンコーティングの特徴は以下の通りです。
1)耐化学薬品性、耐ストレスクラッキング性、耐低温衝撃性、耐候性に優れいる。
2)電気絶縁性に優れている。
3)消音性に優れている。
4)エッジのカバーリング性に優れている。