HOME>コーティング工程

流動浸漬法コーティング工程

1.予備加熱炉内にて 350℃〜400℃の温度で3〜4分加熱する。
2.流動浸漬槽に2〜6秒漬け、素材粉末を吸着させる。
3.後加熱炉内にて 150℃〜200℃の温度で1〜2分加熱し、表面を滑らかにする。
4.空冷又は水冷にて冷却する。
5.熱が冷めて、表面が硬化して完成品になります。